愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

ブログ

カテゴリー2や3の状態とカテゴリー1の状態とは雲泥の差があります。
頭蓋骨が動いているか動いてないかというのは全然違うのです。
どんなに深呼吸をしてどんなに良い物を食べて寝ても捻じれて固まった状態でそれらをしているということですから。
ようは風船が膨らまないのと同じ状態なのです。
膨らんでもどんどん捻じれて膨らんでいくのです。

余計具合が悪くなってしまうこともあります。
それがちゃんと整って、バランス良く膨らんで縮むことができるようになれば、よりスムーズに流れるようになります。

生産と拡張ができているということですから。
施術ではそれを求めているのです。本来の状態ということで、第1次呼吸がスムーズにできてCSFの生産と循環がよりスムーズにできるということ、これが最も大事だと思うのです。

頭蓋骨をみていくとわかることだが、結局捻じれて傾いている問題がほとんど首から下の問題のことが多いのです。
この状態で頭蓋骨にいくら刺激を加えても大して変わらないのです。
それでもし動きがついたとしても捻じれて動いてるわけなのです。

首から下がつまっている状態でやることになるのでより具合が悪くなるのです。
だから頭蓋骨をやる条件として必ず首から下を整えていかなければいけないのです。

施術家は良かれと思ってたくさんやってしまおうとすることがある、
ただそれが何のために、誰のためにやっているかということである。

そのへんをリラクゼーションと施術と分けて考える必要があると思う。
何を目的にやっているのか?
お医者さんでも手術にかかる時間はできれば少ない方が体の負担で考えたら少ない。
施術に関しても同じことが言えます。

メスで切ようが手で刺激を加えようが体にとっては同じ刺激なのです。
手術だけは少ない時間の方がよい。
施術は長い時間が良い、では考え方に統一性がない。

そこが矛盾だと言うことに気づくかどうか。
気持ちいいとかリラックスしたいということなら長めの時間をゆっくりまったりやってもらうのがオススメ。
体を良くしたいというなら施術家も受ける側も考え方をまずしっかりもつべきである。

そう考えるとその時にできる範囲というものもある。
ようはその人の体力によるところである。
それを超えて施術しようとしてもどうしても体の機能が追い付いてこない。
そういった判断をするのも施術家の役目なのです。

筋力検査で強くなった、足の長さが揃った、そのようなもので判断するならそれをするタイミングや基準が必要になるのです。
どこまで良くしたらその人の最低レベルの健康が保てれられるのか。
単純に言えば1日の疲れが一晩の睡眠で解消されれば理想なのです。
例えば施術で言えば、各関節が動いてない状態だとそれだけ痛みや違和感になりやすいのです。
だから動くレベルにまでもっていってそれを保たないと非常に不都合な結果となるのです。

各テクニック、各先生、お医者さん、カイロプラクティック、鍼灸、東洋医学的などみる基準はさまざまで体を見ます。
その基準の中でこれぐらいだったら正常、これぐらいだったら合格点などいろいろな基準があると思うけども、最低限その人がある程度寝て朝目覚めて、これから仕事をやるときに生活にさほど支障がない、多少どこか痛いとか動いてれば楽になるレベルは保つようにならないと、あまり施術をした意味がなくなってしまうのです。

条件さえ整えばぽーんっと良くなることがあります。
そこが施術の面白いところです。
それが例えばガンで来ている人でも良くなる人は良くなることもあるのです。
逆に大してどこも悪くないと言って来院される人でも何回やっても良くならないというのも現実です。
だから生まれ持っての生命力があります。免疫抵抗力が高くカテゴリー3になった人と生まれつき体が弱く早くしてカテゴリー3になりどんどん衰えていってガンになっていた人との違いというのもあります。
だからやはり条件を整えて良くしていかないと結局は改善はしにくいのです。

だから施術ということを考えると今出ているインディケーターを消して何かしら変化が体に起きないとそのうち良くなるということもなかなか期待できないのです。

どこを触っても硬く感じるのはその人が悪いから硬いのか、もしくは自分が硬くしているのかというのが一番の問題。
だからアジャストの時も一緒です。
そういう状態で触れてアジャストをしようとすると硬くなってアジャストしているということ、防御反応が働いてしまうためそれに過剰刺激が加わると体は壊れてしまうか貧血になってしまうのです。

頭蓋骨の場合ではもっと繊細にならなければいけないのです。
頭蓋骨だって雑に触れば全く動かない状態、でも意識して触れば柔らかい状態なのかもしれないのです。
だから手足の触診ができていない人はもう頭蓋骨は無理なのです。より繊細な部位になるため。
頭蓋骨は特に中枢神経を守っているわけですから当然なことです。

その手でぎゅぎゅやっても動かないし、緩まないしそれを無理して小顔矯正と称して動かそうとするとかえって体は具合を悪くすることもあるのです。
そういうことを知ってるか知らずにやってしまうか。
知ってしまうとむやみやたらなことはできないのです。

骨盤が捻じれている、ということを気にして来院される方もよくいます。
右側には捻れるけど、左側には捻じれにくいような状態、そのような場合は、ようは器が捻じれているという状態なのです。

捻じれはだいたいそれを支えている筋肉の問題が大きいのです。。
主に骨格筋が捻じれている場合が多いため、まずそういうところをとらないと一時的に状態が変わったとしてもそのほとんどがその場しのぎとなってしまうのです。
結局、器が捻じれていることにより引き連れて捻じれているわけです。

一時的に良くなるという状態とは、関節が動くようになったり、筋力が入るようになることですが、ただ、それが立ったり座ったり姿勢を変えた時でも状態が維持できるのか、まずそこがクリアにならないと施術の効果としては良好とは言えないのです。

血液、リンパ液、脳脊髄液が正常に流れ出すことによりもちろん神経機能も、やっとそれで回復に向かうのです。
それが30%しか働いていなければどんなに寝ても食べても運動してもやはりそれ以上はなかなか良くならないのです。
施術はそういう考えなのです。
まず重力がかからない状態で関節に可動性もしくは筋肉の緊張や弛緩というのが正常な状態にある状態にもっていかないと重力の下では支えたり動かしたりは無理なのです。

常にそれを補正して生活していくのです。
だから歪んだりするのです。

筋肉の性質としては緊張しかないですから、神経異常が起きるともしくは刺激が加わると緊張するわけです。
その緊張に対して必要ない時にまたふっと緊張がとれるというのが本来の働きなのです。
異常なところというのはそれができてないから異常なわけです。
だからぐっと緊張して引き連れてそれが背骨を歪ませたり、姿勢を悪い状態に保ったり関節の可動制限を起こすわけです。いわゆる曲がって固まってるからそこに可動性をつけるという施術はある意味対症療法でしかないのです。
そういう状態をつくっている原因があるわけです。それがサブラクセイションなのです。
だから常にカイロプラクティックの考え検査というのはそういう形でみていかなければいけないのです。

防御反応が働かないような引っ張り方ができているか、あえて防御反応を起こさせるような引っ張り方をしているかで検査に使えるか使えないかという問題が出てきます。

体に起こる緊張というのはみんな正常な人はあるはずです。異常な人もそうです。
異常な人はテンションが高くなっているためその違いを見るのです。
あと正常異常かの判断とその後のインディケーターで判断していくのです。

筋肉の作用で言えば、防御反応が働いても放せばふっと緩みます。
それが緩まない状態になるのが異常です、
その異常をみつけていくのがとても大切な検査になります。

防御反応的な緊張なのか?単なる緊張や引き連れなのか、というところです。
その他に補正や違う問題も出てくるのです。

脊椎圧迫骨折で病院へ行くと、
明らかに圧迫骨折の状態だとだいたい3か月ぐらいコルセットで固めるようなことが多い。

そこまでの状態の場合、仰向けから起き上がれない、寝返りもできない、ということがある。
そういうケースでは座ってもしくは立って施術をしていかなくてはならない。
なぜならうつ伏せになると体が防御反応を働かせてしまい反応が消えてしまうことがある。
うつ伏せで施術ができるケースはうつ伏せになっても悪くならない人が対象なのです。

だからやはり良くする時には良くするためのインディケーターが出ます。
それで腰が伸びてきて、その人も以前は座ったら立つのが辛い・・・と言っていたのが今はすっと立てるようになってきたりするし、だからちゃんと体のインディケーターがそれを教えてくれるのです。

転んだりぶつけたりそういう骨折があるとちゃんと筋骨格のインディケーターになってますから。
そういうタイミングで施術はしていくのです。

やはりインディケーターというのはイネイトが示す反応だと思いますから。
今のところはそれに従って優先順位の高いものからやっていくのです。

この症状を今すぐ良くしてほしいと願うのは人間誰しもそうだが、インディケーターがそれを示しているかどうかなのです。
それ以外で施術を進めようとしても対症療法としてそれに反応させてやっているため結局のところ原因が出てこないのです。

ラインⅢの状態で筋力をみて、ラインⅢをアジャストすると全然違うところでも強くなったりします、ということは脳脊髄液の流れが良くなると全体のレベルが少し上がるのでそれだけでも筋力は強くなったりするのです。

それが正常なのか異常なのかというとどうも曖昧になってしまいます。
そういうところを、脚が揃ったから良くなった、また筋力が強くなったから良くなったということではなく神経異常が正常にもどったから良くなったという判断をしなければいけないのです。
それをインディケーターを通して体をみていけばいいことなのです。

豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE
1 2 3 4 5 6 41