愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

健康と整体

構造とは、骨の歪みの問題
機能とは、内臓の疲れの問題

として捉えてもらえればと思います。

構造だけを良くしようと考えても、
機能だけをよくしようと考えても、

良い結果は出ない。
両者を高めていかないと結局のところ体は回復には向かないということだと思います。

自分の体で試して、
人の体を見させていただいて、
強く感じています。

整形外科ではよく機能的な側面を無視して考えてしまうように感じます。
だからレントゲンだけとって問題なければ特に異常がない、ということで済んでしまうのです。
それで済むのだったらいいのですが、それを言われたからと言って体は良くはならないです。

レントゲン1つとっても、
立って撮ったのか
座って撮ったのか
寝て撮ったのか

重力によって負荷のかかり方がかわってくるのでそこらへんを考慮しないと実際はいけないと思います。
それを考慮してレントゲンを見るとなると判断は非常に難しいと思うのです。
なんとなく、まっすぐだから問題ないとか、なんとなく狭くなってるから悪いだろうなとか、そんなところを見てもしょうがないと思うのです。

だから機能の問題を無視して、構造だけで判断しようとしても限界があると思うのです。

ようは、睡眠の状態、食事の状態、仕事の負担の状態、3者がどういう状態で、今その人が過ごしているかというのが機能の問題では重視されると思うのです。
そういったことをヒアリングしながら状態を上向きにしていかないとなんとなく良くなったり、なんとなく悪くなったりとかになってしまうと思うのです。

普段の生活で体にどれだけの負担をかけるかによってその人の体が健康かどうかが決まります。

要は、日々の生活習慣の答えが今の体に結果として示してくれているということです。
それが一般的にどうかということとは関係なく、その人の体にとって、負担が大きいか少ないかということなのです。

そのため、今の生活が負担になっている人は痛みやしびれが出ていますし、負担が軽ければ何事もなく生活できています。
それが体が訴えてくれているのです。

脳と体は別物です。
体はそういう訴えをしますが、脳がその訴えを無視しているとある時急に痛くなった、ということになったりするのです。
つまり、本来脳に気づいてほしいタイミングで脳は気づけてないのです。
だから無理なことをしていよいよ我慢できない時に大きな痛みとして現れてしまうのです。
普段から体をみる癖をつけることがいかに大事かというのがわかると予防という観点が植え付けられるのです。

【個人紹介】

・豊橋市在住 40代 女性

 

【痛みやしびれ などの症状】
・左手首の痛み

 

【日常生活でのお悩み】
・最近2週間ほど手首が痛い

 

【整体にて気になった点】
・体の不調が出た時に考える場合、
1つは、局所的な問題、
もう1つは、全体的な問題、
この2つをわけて考えて、今どちらに対しての処置をしているのかを意識することが大事であると思います。
全体的な問題はご自身でできることですので、健康に対しての正しい理解が必要となります。
局所的な問題は比較的施術を要する必要性が出てくるので、ある程度良くしていく必要があります。
どちらか一方だけではそのレベルでの回復となります。
それで良くなるレベルならそれでいいですが、それだけだとあまり改善しなければ両方を改善した方がいいです。当然同時に両方進めた方が良くなる確率は上がります。

 

左手首 女性 豊橋市

足し算で考える健康とは、
今の状態に何かプラスさせることで体に変化を起こす考え方です。

代表的なものに

サプリメント

マットレス
運動

 

などがあります。
確かに手段や方法を変えればそれに対する体の反応は変わります。
ただ、これらは全て足し算の考え方で体に対しては1か5か10か50か100か
程度の差こそあれど、考え方は全て同じです。

それが体にとってどういう意味をなすかということが大事になってきます。

【個人紹介】

・豊橋市在住 70代 男性

 

【痛みやしびれ などの症状】
・姿勢を改善したい

 

【日常生活でのお悩み】
・気が付くと後ろで手を組んでないと前に屈んでしまう。

 

【整体にて気になった点】
・後ろで手を組んでないとまっすぐ立てない状態が現状として、1日のうちでいつが一番胸が張れるかを見ていきます。
1日のうちでも差があればその差に気づくことが第一歩です。
常に同じ状態と思っていると変化に気づきにくくなります。
自分の体に興味をもち少しでも変化があるならどう違うのか?どのような状態なら楽なのか?それが今後の改善につながっていきます。

 

豊橋市 男性 姿勢

 

 

【個人紹介】

・豊川市在住 60代 女性

 

【痛みやしびれ などの症状】
・特別に不調を訴える箇所はあまりない。

 

【日常生活でのお悩み】

・先日、病院に行って血圧を測ったら上が110ぐらいだった。
冬はいつも上がるのに今年はそういうこともなく特変なく過ごせている。

 

【整体にて気になった点】

・体の不調がない時でも意識して通ってこられることが何より健康に過ごされている証拠だと思います。
何かあったら通うということでもいいですが、何かあったらという時点ではいつも後手後手に回ってしまいます。
痛みをなくすことを目的に施術をするのか、痛みを出さないことを目的に施術をするのかの違いですね。

 

豊川市 女性 腰痛

どこの部位を良くしようとするにも同じことなんですが、条件を揃えてそのタイミング施術をやればそんなに無理な力は必要ないわけです。
必要のない時に動かない関節をむりやり動かそうとするから無理があるのです。

それで無理に動いて柔らかくなったとしてもそれは一時的なものであり、もし生産力が高まったとしても、すぐまたつまってパンパンになってしまうのです。

だから具合が悪いや気持ちが悪いという状態になってしまうのです。

サブラクセイションをみつけてそこに対してアジャストをする。
サブラクセイションをみつけるには、予測も必要。
それに対して学ぶことが必要になってきます。

まずは検査をすること。
その人の体をみてどこが改善するとその人のイネイトインテリジェンスは活動的になるのか。
そこを突き詰めて改善していく。

その繰り返し。
そしてその人の体力を見ながらその人の限界点と相談しながら、その日にできることをできる限りやるのがベスト。
それ以上でもそれ以下でもない。

そこには当然やりすぎはいけない。
良かれと思ってもその人のためにやりすぎることは返って症状を悪化しかねない。
自然に任せ、いまできることを今できる範囲で。
無理をすればそのぶんどこかでそれを受けることになるのです。

あとは背骨もそれに伴って吸気相で硬膜がロックしているか呼気層でロックしているかということですからね。
硬膜で言えば、カテゴリー1として、検査でコフテストでSBマイナスと決めるが、実際にはカテゴリー2でもカテゴリー3でもどっちかで引っかかっているのです。
ただ、今そこに対して何かアプローチをするかどうかということなのです。

だからタイミングでないときにやったとしても検査として成り立たないだけで、それが硬膜がということになってれば反応するのです。
筋骨格の筋肉の緊張が強いから硬膜の反応にならないのです。
だからコフテストをしても反応が出ないのです。
カテゴリー1というのは2も3も人も持っているわけですから。
それがインディケーターとして出ないというのは出せないという状態なのです。

他の問題が強くて、筋肉の緊張だったり、椎間板の変性が強いから。だからそんなにSBプラスマイナスの指標がはっきりでないのです。
実際に調べればマイナスかプラスでひっかかっていますから。

豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE