愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

ブログ

施術の進め方として、一つ一つ階段を上るように体を変化させて元の状態に戻す、たどり着けるというイメージで行っていきます。
体は常に急性のものから反応します。
まず急性のものを取り除いていかないとそもそも慢性は出てこないです。
だからそれが筋骨格の問題なのか、機能的な問題なのか、それが急性なのか、慢性なのか、というところがインディケーターを通して判断していくしかないのです。

ディストーションやインディケーターを通して体の変化をみていくのです。
だから一つのパターンや見方ができるようになればいろいろなことの判断ができるようになります。

対症療法は対症療法としてその人が楽になることをやればいいわけです、来院した方はとりあえず痛みを取り除いてほしいという目的で来るわけですから。
まずそれをやってそれがより良い状態、安定する状態にしておけばいいわけです。
ただそれが繰り返す問題やすぐ悪くなるようなら何か悪くなる問題があるわけです。
そこでまた考えてやっていけばいいわけです。
だから咳したり立ったりして戻ってしまうようなら施術の効果はないのです。
そういったことまで考えて施術にあたりどう判断するかということが醍醐味なのです。

まずは臥位で正常な状態を作り出す、もしくは取り戻さないと正常とは言えないわけです。
寝ているだけで体が強張っているというのは異常です、また曲がっているというのも異常です、曲がっているというのはようは引き連れてるから曲がっているのです。

それらを正常な状態に戻さないとその状態で立つということはそれを補正しながら抗重力筋が支えなければいけないわけです。
それに動かさなければいけないため体にとってはもっと負担、ストレスをかけるわけです。
そのため、一つの検査として立ったときに抗重力筋がある程度バランスよく緊張している状態、それらが抵抗なく動くということはバランスが取れているということが言えるのです。

ディジョネットが必ず立位検査でやるのはそういうところをみているのです。
仙腸関節の異常があれば必ず抗重力筋に関係します、それはカテゴリー2に限らず1でも3でも起きているわけです。
それが仙腸関節のサブラクセイションならそこを良くしない限り改善しないわけです。

体は単に足が揃ったから良くなった、筋力が強くなったから良くなったということでは片づけることができません。
どこまで施術すれば症状の改善になり健康によりなるかの問題です。

それが最低限寝てる状態でリラックスして寝れている状態を作り出さないとやはり回復していきづらいのです。
言い換えれば、急性の問題がほとんど症状や体の緊張になっているためまずそれを早く抑えないと休養、睡眠、回復にはつながらないのです。

だから慢性を無理して慌てて良くする必要はないわけです。
まずそれで痛みや辛さ、苦痛が取り除かれ、やっと少し寝れるようになりました、というところで回復していくわけですから。だからそういうところを考えて臨床をやっていかなかればいけないのです。

だからいくらメジャーサブラクセイションという言葉があってもそれが何のサブラクセイションかということが問題なのです。
イネイトインテリジェンスをうまく働かさないためのサブラクセイションなのか、症状に対してのサブラクセイションなのか、いろいろな意味合いがあります。
ほとんど施術は対症療法として症状の原因をサブラクセイションと言っていることが多いのです。

カイロプラクターはいわゆるお医者さん(メディカルドクター)とははっきり違いをもって意識すべきだと思うのです。
お医者さんがやるような診断をしてお医者さんがやるような処置をしてお医者さんみたいなことを言う。
それをするならお医者さんでいいわけであってカイロプラクターはそれとははっきり違うということを意識しなければ結局真似事をしているにすぎない。

そういった意識がない少ない人たちが開院している現状があるためカイロプラクターの仕事というのはあまり理解されずに現在に至っている。施術者側がこのようなことである限りなかなか一般の方々には伝わらない。

カイロプラクティックが全てではないし、カイロプラクティックで良くなるものとと良くならないものが当然あります。
扱えるものと扱えないものがあるのです。
だからどんな病気、どんな人にでも健康レベルに引き戻してやるということは可能だと思いますが、それが病気が良くなるか良くならないかと診断をしてはいけないと思うのです。
それはお医者さんがやることであって、カイロプラクティックは健康にすることが目的でありそこが魅力なのです。

常に機能的な問題と構造的な問題は絡んできます。
慢性の問題は慢性の問題としてまた少し見方が変わります。

スムーズに施術が進まないカテゴリー問題、カテゴリーの進みが悪い時には機能回復は十分に起きてないから進んでいかないのです。
そういう所が反応として出てきます。

カテゴリー3の人は構造的なものも悪いし機能的なものも悪いし、当然回復も悪くなってしまう。
全てが低下した状態なのです。
良くなるなり方も少しずつしかよくなっていかないのです。

だからずっとやってもちょっとずつしか変化しない。
いっぺんにすごく良くなる時はめったにはないのです。
よほどそれが子どもであるとか悪くなって日が浅ければ別ですが・・・、何年も何十年も悪い状態で安定して固定されているものはそう簡単には変化していかないのです。
だから繰り返し構造を良くして機能回復、構造を良くしての繰り返しとなります。

人の体に対して施術をするということは、相手に外部刺激を受け入れてもらうということ。
それだけの刺激量にしないといけない。
決して相手に防御反応を働かせてしまうような触り方ではそれ以降施術をさせてもらえないのは言うまでもない。

そういうことを知ってて施術にあたるのか、何も知らなくて人の体に触れるのか?
そういう概念、そういう考えを知らなければ強く揉めばいい。痛いところをグリグリしたらいいということになる。
痛いところはあくまで結果であって、原因ではない。
一般的に言われる痛いところが原因ということはほとんどないのではないか、と思っている。

人の体を学んでいくと余計なことはできなくなるし、下手なことはできなくなる。
そういうことをもっといろんな人に広めていけれればと思う。

寝かせ方はとても大事です。
常にその人の状態を考えながらやっていかないとうまくはいかないです。
いつも同じように同じパターンでやってもできる時とできない時があります。

どんな状態でもインディケーターを見れるよう日々の鍛錬が必要になるのです。
基本的にうつ伏せで寝て練習はしているが、座ってでも練習しておかないと、症状によってはいきなり寝れないという人もいます、妊婦さんはうつ伏せはできませんから。
ほとんど座った状態で始めていきます。

どんな人にも対応していかないとここまでしか対応できませんという線引きをしなければいけなくなります。
けど、いきなりはできないのです。
それをやるのもまずは寝た状態できちっと見れるようになってからでないといきなり座ってや立っては見られませんですけども。
まずは基本を徹底的に守り、再現性を高めることができたらさらに改善していくよう応用を足していくのです。

ギックリ腰になったから当院へ来るというのが一般的ですけども、いわゆるギックリ腰になりましたといってきた人はそれが第1義的な問題ではなくて結果的に腰を痛めたという状態でくるわけです。

いわゆるその刺激や衝撃に対して代償作用を即座につくる力が失われていることを示します。
それは言い換えると生理的適応能力です、それが低下することにより、ちょっとゴミを拾おうとしたことによってとかちょっと靴下履こうとしたことによってギックリ腰を起こすわけです。だから屈んだことが問題ではなくて、そういうものをうまくかばえなくて代償できなかったことが問題なのです。
というように考えるのが一番わかりやすいのです。

それで一般的な施術、カイロプラクティックを含めての施術は、腰痛に対して行うものなのです。
すると、楽になりました、となるのは症状に対しての施術です、俗に言う対症療法になるのです。
これはどこの世界でも一緒です、お医者さんにしても、鍼灸あんまマッサージにしても、腰が痛いから腰に対しての施術を行うのです。

さまざまな院を回って当院へ来たという方も多い、本人曰くいろいろなところが悪いと言われたとのこと。
初めて来院した時に、頸椎が悪いということで、一応上部頸椎を施術してくれたと、確かに頸椎の可動性をみれば動きは悪い状態です、だからと言って上部頸椎をやるかというとそれは別問題なのです。
それでは痛い所をもみほぐしているマッサージ屋さんと何ら変わりがなくなってしまいます。
何が原因で固くなって動きが出ていないかということを考えるのがカイロプラクター。

可動性をみて動きがない状態、他の場所をアジャストすることでそこに可動域がついてくればわざわざそこに対してやる必要はないのです、最初の状態だったら上部頸椎はやらないことが多いです。

むしろ硬いということだけを基準に人の体をみてそこに対して動きをつけるだけというような対症療法的な考え方では施術後に戻るのも当然早くなってしまう。
何をみて何を改善しようとしているのか、カイロプラクティックの哲学がそこにはあるのです。

股関節の屈曲を見るときでも、必ず筋肉、靭帯、結合組織または関節包が絡みますが、いろいろな可動性の見方があります。
関節の固着を改善するというのはオステオパシーもそうですけど、カイロプラクターがアプローチするものというのは、カイロプラクティック的に見て検査して施術するというのはやはりその可動性検査なのです。
他に何が可動性減少を作っているか、また、時間とともに変性固着しているか、施術はまず神経異常を正常な状態にもどすということが最優先だと思います。

だから可動性をつけてもまた時間とともに硬くなりますし、変性が進んでしまうのです。
だから一つの目安として関節可動性である程度判断していくのです。
その可動性に関連する筋肉、まずはそこから神経異常をみつけて正常な状態に戻さないと緊張が続いているし、筋肉の変性萎縮が進行してしまうわけです。

豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE