愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

ブログ

なかなかSOTという理解や解釈は難しいのだが、
体がSOT的に言う教科書通りになっていればいろゆる教科書通りにやればいいのです。
しかしなかなかそういう人というのはめったにいないしそこまでもっていくのにも大変な苦労が必要なのです。

そう考えると改めてSOTのディジョネットの研究と発展の足跡を知ると奥が深く素晴らしいというものがあります。
こういう過程を経てSOTができあがったんだなというのが常に感じさせられるのです。

指標を無視して施術家の気の向くまま思うままに進めていてもその人の体がその刺激を求めてなければ意味がないというかむしろ悪い刺激にすらなりかえないのです。
そもそもそういった視点がなく体を触っているならそのレベルでの施術ということになるのです。

その人の今改善したい指標を感じ取り、それを改善して次の指標をまた探す。
その繰り返しだと思うのです。

SOTは体の変化にすべて理屈がつくところが素晴らしいのです。
それだけディジョネットの研究は計り知れないものがあります。
少し勉強したテクニックや技術が何を基準に考えているかということがわかり、私自身がテクニックに目移りしなくなったのもそのおかげです。

何でもそうなのだが、動きやすい状態にして動かせば力はいらないのです。
それを力づくで動かそうとするから壊れてしまうのです。

それでもし可動性が一時的についたとしても表面の筋肉が変化しただけなのです。
ゴムじゃないけど、きゅっと閉まってしまいますから。
またすぐ頭がきゅっと閉まってしまうのです。

一時的に緩んでも、だからきちっとそういうのを確認しながらやっていかないと結局やったつもり良くしたつもりになってしまうのです。
今何を目的に何を改善させようとしているのかを理解しながら改善していかなければいけないのです。

体を整えてもその人の回復する力、つまりエネルギーがない限りはよくならないです。
結局は、その良くしようとするエネルギーがどこから作られるかと言ったら、人から与えたエネルギーでは無理なのです。

やっぱり脳脊髄液の生産と循環がそのレベルにならないといけない。
巷では1ブロックや2ブロック、または3ブロックを関係なく入れたりするけども、対症療法でブロックを入れているだけなのです。
それはそれでいいが、固有受容器が少し正常な状態に安定しあとはエネルギーでよくしていくわけなのです。
SOTも哲学なくテクニックだけ覚えても対症療法にすぎないのです。

寝て起きた時の状態というのは後頭骨ラインが作り出す要因、ようは機能的問題が主になります。
起きてる時には出ていない問題でも寝ると機能的な問題が露わになりますが、だからと言って寝なければいいのかというと決してそういうこともないのです。
当然寝なければ寝ないことによる問題が起きてしまうのです。

一般的に言われるように睡眠中にはいろいろなホルモンが分泌されます。
いわゆる体を修復するための作業が睡眠中には行われているのです。

徹夜明けの体をみるとやはり徹夜明けの体になっているのです。
後頭骨ラインがそう変化してくるのです。
そしてこの後頭骨ラインというのはどういう意味を示しているかというのが問題になるのです。

可動性がついているかということは施術をしていく中で非常に大切だと思います。
ようはその関節が動いているのか止まっているのかということ。
当然動いていた方がいいわけです。

そこへ筋骨格や筋性防御反応が起こり歪み姿勢をつくっていくのです。
そういうところをみて過剰に反応している部分いわゆるR&Cファクター(抵抗と収縮)などバランスを見ながら過剰に働いているものを正常にする。

機能低下しているものには機能を正常に戻すということを考えていくのです。

足の長さをみると、施術中でも仰向けとうつ伏せとで比べても良く変わります。
このような不安定な場所で、それこそ短下肢を基準に骨盤を判断するのは非常に危険なわけなのです。
ブロックにおいてもアジャストにおいても可動性だけで判断してアジャストするのも同じことが言えます。

今ここに可動性がないからと、リスティングを出してアジャストするわけだが、それが他の原因で歪んで硬くなった状態の可動性なら本当の可動性やリスティングではないのです。

だからやはりインディケーターが出ているところが今良くするべきタイミングなのです。
その時にそのリスティングになっているのですから初めてそのリスティングがしっかり出るわけなのです。

だからディジョネットはサブラクセイションは寝ても立っても座ってもどういう状態でも変わらないのがサブラクセイション、今言ったように仰向けうつ伏せで変わるような足の長さで見てるような骨盤はサブラクセイションとは言えないのです。
だからどんな姿勢においても変化しなくなった時にそこを良くしていけばいいと思うのです。

慢性も炎症は伴うけども、最低限可動性が正常な状態にもどる必要がある。
寝てて重力がかからない状態で可動性が戻らないとそれ以上良くなるということは考えられないです。
膝が曲がらなくたって痛くない人はいるのです。

でも正常な関節の状態という考えの中ではある程度可動性があって、痛みがないというのが正常なのです。
その可動性が出るところまで施術しないと施術している意味があまりないのです。

だから楽になったと良くなったという意味がそのへんにあるのです。
それをそこまでなんとかもっていきたいというのでいろいろ自然治癒力を邪魔している問題を取り除くことをやっているわけです。
それがいわゆる体調問題がほとんどのため、だから体調問題を後頭骨ラインで消していけばそれがある程度解決につながるわけです。

睡眠の質を悪くしているのはほとんど内臓と自律神経の問題なのです。
だから良い状態までもっていき首を良くしておけばライン3で具合悪くなっても首は回ってる状態をつくるのが理想です。健康な体になるということはそういうことなのです。

それがカテゴリーまで良くしないと回復できない人ならカテゴリーを改善しないことには、ずっと続くわけです。
でも人間の体はいろいろなものに対応しやすいように歪んで補正して代償してなんとか生活できる範囲にもっていくわけです。
そこで安定しているうちは無症状、調子はあまり良くないけどもそんなに痛いところがなく生活できるわけです。
だから腰の曲がった高齢者でもどこも痛くないという人もいるのです。

僧帽筋反射まで良くしないと、首が回らないような人がいます。
後頭骨ラインが消えると防御反応としての緊張が消えるため体は楽になります。

ふっと力が抜けるのです。しかしまた調子悪くなりラインが出てくるとまた首が痛くなってくるのです。
だから寝違いの人みたいに施術するとその時は楽になるけども、朝起きたらまた元に戻って首が回らない、首が締まっちゃう、ということが起こるのです。

そのため結局首を良くしないとその状態が良くなることはないのです。
しかし、それでもその状態に体がならされてそのうち首の回りは悪いけど、痛みがないという状態になるのです。
それを良しとなる人がほとんどなのです。

だから結局原因を良くしたい、そこまできちっと改善したいからその状態までもってきたいわけです。
でも後頭骨ラインで具合悪くして来る人は睡眠中に悪くなったり回復できない人というのはほとんど寝てる時に固めてますから結局睡眠の質が悪くなっているのです。

後頭骨ラインの問題において中和をすると神経機能は解放されます。しかし臓器の回復が追い付いてこないのです。
つまりお腹でのインディケーターが残っている状態なのです。
そのお腹のインディケーターが消えるといわゆる内臓の神経機能と血流が回復しているというイメージです。

だから中和しただけだと次の四肢が出てきます。
四肢が立方骨で出てたとしても反応が弱いのです。
それで節後テクニックなどをやっていき内臓の反応が消えると次のインディケーターがよりはっきりと出るのです。
だから1つのインディケーターがあり、天井までそのインディケーターを消す状態にもっていけば次のインディケーターがはっきり出てくるのです。

はっきり出ている時はそれを施術した時にもはっきり良くなるのです。
例えば携帯で言えば80%しか充電されてなければどんなにアジャストしても80%しか良くなっていないのです。
だから内臓の問題にしても天井(100%)までもっていけば100%良くなるわけですから。
その繰り返しを行っていくのが施術なのです。

だから次のインディケーターを良くしなければ何をしても変化しないという状態までもっていくのが1番わかりやすいのです。しかし、インディケーターが出てても立つと消えるというのもありますから、それが中途半端な状態ということなのです。。
だから姿勢の変化によってすぐに消えてしまうのです。
これをきちっとここまでもってきてると立っても何してても消えないのでそうすると今度良くなる力があるわけです。
体の変化も早くなるということなのです。

豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE