愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

ブログ

「座ってください。」大抵の人は坐骨と呼ばれる骨を接地面につけて座っている。
いわゆる骨盤を寝かせた状態である。

この状態は骨盤の正常な前弯カーブが失われており、いわゆる猫背の状態と言える。
このような状態を続けることで猫背にとなってしまう。
お腹がお腹が弱い人やインナーマッスルが使えてない人はさらにそれが悪くなるとお腹を前に突き出した姿勢をとる。

その結果だんだんと膝が曲がり、重心の位置がとれないから余計に背骨が丸くなって正常な背骨のS字カーブがなくなりストレートネックとなる。

ここで重要なのがどう戻すかということ。

この状態を一生懸命戻そうとすると「前方胸椎」と呼ばれる状態、いわゆる骨盤の位置はそのままなのに背中を前に突き出すことで一見姿勢を良くしているように見える。
しかしこの姿勢は骨盤から改善しておらず、単純に背中を前に突き出した状態、正常なら背中は後弯していなければいけないのに背中を平らにしているだけである

要はより姿勢を悪くしているだけである。

それを施術によって正しい姿勢に戻す、そうすると骨盤に前弯が出てきて、背骨全体のS字カーブが戻ってきます。

その原因となるのが仙腸関節と呼ばれる骨盤にある関節である。
ここが何かしらの原因によって離開してしまうとそれを補おうと筋肉で固めてしまう。
そしてその筋肉は変性を起こして左右差がうまれる。
左右差が起きているため、また筋肉に緊張が起きて固めていくわけである。

その状態を放置すると今度は背骨と背骨の間にある椎間板に負荷がかかって栄養障害・循環障害が起きる、そして関節の退行性変性(膝などで良く言われる軟骨がすり減った状態)が起きる。

そして、施術を受けていただいている方にに今の状態を維持してくださいと言っても無理な話である。
腰が曲がった年配の方にこれがまっすぐですよと言って、バキバキとやってもそう簡単には元に戻らない。

そのため施術によってその人なりのバランスを整えながらその人なりの良い状態を保ち、より良い状態にしそれ以上悪くならないように意識してもらうことが大切である。

腰痛、ヘルニアをつくっていってしまう要因はこの退行性変性である。
そのため生理的湾曲や左右のバランス、関節の柔軟性がある状態を保たなければいけない。

【好転反応の症状について】

眠くなる、微熱、下痢などなど
例)

―――肺の機能が高まることで―――

二酸化炭素を排出する

 

―――腎臓の機能が高まることで―――
尿素をこしとる

 

―――肝臓の機能が高まることで―――
解毒(薬、アルコール)作用が促される

 

―――脾臓の機能が高まることで―――
古い赤血球を破壊する
各臓器によって当然働きが違います。

 

そのため、これらに付随する好転反応による症状もさまざまです。
一見、状態が悪化するように見える反応でも、健康になろうとする力が高まり、健康になるために必要不可欠な道であります。

 

次回は、「強いマッサージVS好転反応」について

【好転反応の仕組み】
施術によって歪みを正すことで今までつまっていた臓器の血流が改善します。

 

今まで止まっていた機能が100%に近づくことでその臓器の負担が増えます。
(これは、他の臓器の活動を制限してでも体を回復させるように働きます)

 

これを好転反応と言います。

 

例) 施術後、体が温かくダルいような眠くなる感覚に襲われる。

 

体が温かくなり体温が上昇する

副交感神経機能が高まる 

内臓 各臓器の活性化

 

 

次回は、「好転反応による各症状」 について

【好転反応とは】
体が良くなる過程で起こる副交感神経系の反応です。

歪みを正すことで体重の60%を占める水分の循環を促し、今まで滞留していた老廃物をスムーズに流すことが好転反応の目的です。

これは一般的にデトックス効果と言われているものです。

 

次回は、「好転反応の仕組み」 についてです。

豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE
1 32 33 34 35 36 37