愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

ブログ

楽にするのと良くするのは違うと言うが、例えばコルセットしたりサポーターをして確かに楽になる人もいます。
ただそれはそれだけなのです。
良くなっているわけではないのです。

硬い関節は硬いまま、良くなってないものは良くなってないのです。
だから、どういう目的で何をしているのかということを把握してやった方がいいのです。
それ以上を求めてもそれ以上はないですし、それ以下でもないのです。

例えば、状態が悪くなった後、施術をして改善したら、次来た時にそのインディケーターなり症状なり状態が改善していればいいのです。
何でもそうですが、早く良い状態に戻せば早く良くなるわけです。
それが1週間や2週間など悪い状態を作れば慢性化していくのは当然なのです。

それで機能も慢性化して機能低下していくわけです。
だからホワット氏が言うようにサブラクセイションが起きたら、数週間で悪くなる。
ワトキンス氏も言うように時間が経てば経つほど1回のアジャストでは良くならなくなる、2回3回とアジャストする必要が出てくるというふうに言ってます。

他のカイロプラクターでも同じこと言ってます。
だからなるべく新鮮な時に早く良くした方が絶対に良くなるのです。

対症療法は何をしているのかと言えば、波があるのを平坦にしているようなイメージです。
つまり流れやすい状況を作っているという感じです。

だから流れるようになればインディケーターが変化し、次の流れの悪い所で体が反応してくるということ。
あるレベルの所までいき、その波が収まってくるとインディケーターが出ないところにくるのです。
それを体力不足という言い方をしてますが、そういう状況だと思います。
だからそれはそこでまず施術としてはOKなのです。

そして生産力が高まりいわゆる生命力という意味での体力、そういうものがついてくるとまたそこに圧力の変化、波の変化が起き始めるのです。

その時にまた慢性なら慢性症状が反応し始めるのです。
その時にそこを良くしていけばいいのです。
その繰り返しをしていくのが施術なのです。

どういう検査をするかにもよるが、
脳脊髄液の流れならそれによっての微妙な動きもあります。
レンジオブモーションレベルでの動きなら可動性はなしということになります。
そのためどれを基準に動いているか動いていないかによって意味合いが違うのです。
生きているということは動いてます。

最低でも可動域には3つの動きがあるのです。
Range Of Motionレベルの可動性、次に小さい動きが第2次呼吸です、ようは肺呼吸によっても動きはあります。
一番小さい動きが第1次呼吸です。
だからどのレベルで動いている動いていないかを判断するかも意味合いが違うのです。

違う言い方をすると生きているから第1次呼吸はしているし、第2次呼吸(肺呼吸)もしているわけです。
第1次呼吸は1分間に8~12回と言われてますから。第2次呼吸は18回ぐらいです。
その回数ぐらいの拍動になるのです。

Range Of Motionは動かしての可動性です。
だから、とりあえずRange Of Motionで動いてないということは第2次呼吸も第1次呼吸も非常に動いてないわけです。
だからその状態で、Range Of Motionレベルで動いてない状態で脳脊髄液をみれば非常にわかりにくい状態です、縫合が解放され、Range Of Motionが動いてこれば第2次呼吸も第1次呼吸もわかりやすくなるのです。

急性症状には炎症が伴うため施術をやってすぐに楽になりましたというのはあまりないこともあります。
そういう場合は、炎症の性質というものを知らせておかないといけないのです。
だから炎症が収まっていれば施術するとどんどん楽になるし、回復はしていくのです。
良く言われるのが、急にここが痛くなって、早く施術に行った方がいいですかとかありますけども、すぐ来れるなら早めに来た方がいいです、ということになります。
すぐ来れないのならとりあえず炎症が収まるように安静にしておくか少し患部を冷やすかしておくとあとの施術や回復が早いということになります。
そういうアドバイスをしてこれで炎症が収まってこれば施術も楽ですから反応も早いし、ただそれが炎症が収まって痛みが楽になったから良くなったとその人は思いますけど実際みると慢性化したり固まっただけということもあります。
一度来て見せてくださいということになるわけです。
それで大したことなければいいのです。そういうことで少し信頼関係というものを築きながら何かあったらあそこに行ったらというふうにその人が思ってくれればいいわけです。

目的は体を良くすることなのか、痛みを消すことなのか。
痛みを消すことだけを目的に行うのならこの仕事はいらないのかもしれない。
整体として仕事をする人がどういう目的で行うのか、ということは常に考える必要があると思う。

例えば痛みを消すことが目的なら注射でもいいし、薬でも湿布でもなんなら叩いてもいいし、つねってもいいし、コルセットでも枕でも布団でもサプリメントでもいいのです。

痛みをとることだけを目的に行うのなら整体でなくてもありとあらゆる手段があるのでそれに任せたらいいと思う。
そういうこととは別に体を健康にするというのはもっと長期的広範囲に物事をみていることになる。
だから短期的で狭い範囲しか見ていないのなら整体はとても幅が狭い仕事になってしまう。

この仕事を扱う人がどういう目的でこの仕事に取り組むのか。
そこに整体師としての意義があると思う。

体にとってより正常な状態、または健康な状態に近づけることが施術であり、それこそが目的となるのです。
それにより神経の流れ、血液・リンパ液・脳脊髄液の流れ、つまり体液の流れが良くなることで、健康になっていくわけです。

それが今起きている不調を何もしないより断然に早く回復させてくれるわけです。
それがSOTの考えであり、目指しているカイロプラクティックなのです。

だからその場で症状がすぐに変化したから良くなった、改善したという痛みだけを指標に施術をしているわけではなく基準を設けて順に進めていくのが目指すべきところなのです。

 

カイロプラクティック&整体ナビ

カテゴリー2や3の状態とカテゴリー1の状態とは雲泥の差があります。
頭蓋骨が動いているか動いてないかというのは全然違うのです。
どんなに深呼吸をしてどんなに良い物を食べて寝ても捻じれて固まった状態でそれらをしているということですから。
ようは風船が膨らまないのと同じ状態なのです。
膨らんでもどんどん捻じれて膨らんでいくのです。

余計具合が悪くなってしまうこともあります。
それがちゃんと整って、バランス良く膨らんで縮むことができるようになれば、よりスムーズに流れるようになります。

生産と拡張ができているということですから。
施術ではそれを求めているのです。本来の状態ということで、第1次呼吸がスムーズにできてCSFの生産と循環がよりスムーズにできるということ、これが最も大事だと思うのです。

頭蓋骨をみていくとわかることだが、結局捻じれて傾いている問題がほとんど首から下の問題のことが多いのです。
この状態で頭蓋骨にいくら刺激を加えても大して変わらないのです。
それでもし動きがついたとしても捻じれて動いてるわけなのです。

首から下がつまっている状態でやることになるのでより具合が悪くなるのです。
だから頭蓋骨をやる条件として必ず首から下を整えていかなければいけないのです。

施術家は良かれと思ってたくさんやってしまおうとすることがある、
ただそれが何のために、誰のためにやっているかということである。

そのへんをリラクゼーションと施術と分けて考える必要があると思う。
何を目的にやっているのか?
お医者さんでも手術にかかる時間はできれば少ない方が体の負担で考えたら少ない。
施術に関しても同じことが言えます。

メスで切ようが手で刺激を加えようが体にとっては同じ刺激なのです。
手術だけは少ない時間の方がよい。
施術は長い時間が良い、では考え方に統一性がない。

そこが矛盾だと言うことに気づくかどうか。
気持ちいいとかリラックスしたいということなら長めの時間をゆっくりまったりやってもらうのがオススメ。
体を良くしたいというなら施術家も受ける側も考え方をまずしっかりもつべきである。

そう考えるとその時にできる範囲というものもある。
ようはその人の体力によるところである。
それを超えて施術しようとしてもどうしても体の機能が追い付いてこない。
そういった判断をするのも施術家の役目なのです。

豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE