愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

ブログ

機能的問題、構造的問題という2つの問題はありますが、それが出た時にそこのリスティングを出してそれをどうアジャストするかというのがとても大事になってくるのです。

それを改善させるためのテクニックは極端のことを言えば何でもいいのです。
そういうところをしっかりやっていけばいろいろなテクニックでももっと効果があがると思うのです。

だからガンステッドテクニック、ディバーシファイドテクニック、いろんなテクニックをやっている人たちでも僧帽筋ラインや後頭骨ラインが見れるようになるともっと確実なアジャストができ、いつどこをどのように背骨のアジャストをするかにつながってくるのです。

その人の能力が上がるというのは痛みがなくなるということではない。
同じ生活、同じ負担が加わった時に、以前までなら症状が出ていたのにその症状が出なくなれば状態が良くなっているという判断ができる。
能力が上がるということはそういうことです。

ようは、体が健康的になっているということ。
そういう慢性的な体の改善が図られることで体のバロメーターとなる。
単純に痛いか痛くないかだけで判断しているものではない。
痛いか痛くないかというのはどちらかと言えばその人に任せるしかなく基準が曖昧。

自分で見て自分で判断できるようになれば迷いもなくなる。
結局、何を基準に人の体をみているのかということなのです。

 

どんな臓器でも機能亢進もしくはその反対の機能低下がありますが、お医者さんがよく言うのは機能亢進しているから機能低下をさせるような薬を出したり、機能低下しているから機能亢進させる薬を出すことで数値を調節するわけです。

カイロプラクティックの考え方はそういうことではなく、機能亢進も機能低下もどちらも機能障害になるという考え方です。
機能障害を正常な状態に戻すのが施術になるわけです。
だから体力が回復すれば自然に障害が回復するのです。
そして自らの作用で高ければ下げるし、低ければ上げるということで丁度良いぐらいに体をもっていくのです。

体としては高血圧は高い理由があり、低血圧は低い理由があるからそうなっているわけです。
血圧だって高いから良くないじゃなくて高くしないと体が維持できないから高くしているわけであり、それを無理矢理下げるから肝心なところに血液がいかなくなって回復を悪くしたり余計こじらせてしまうわけです。
だからカイロプラクティックの目的は機能障害を正常な働きに戻すということをするわけですから、それぐらい考え方が違うのです。

結局その人の体力がないと刺激により変化ができない状態なのです。

刺激を受け入れて果たしてその人が変化する力があるかどうか。
だから長くやったらやっただけその人の体力は減っていくのです。
やってももらって気持ちいいのと施術をするということは全くの別物なのです。

あとは積極的に生産と循環を繰り返し液体成分の滞りをなくすことが体を健康に導いていくのです。

インディケーターがなくなったから良くなったということではないのです。
足の長さが揃ったから良くなったではないのと意味は違うけども結局インディケーターが消えて、次のインディケーターが出てそのインディケーターをクリアしていると思われるけども、まだクリアしているわけではないのです。

機能回復はまだしてないのです
その機能的な回復をさせるためのアプローチは意味合いが違うのです。
体にとって都合の良いことはもっとシンプルなようで複雑なのです。

サポーターをすれば楽になる、コルセットすれば楽になるということはどういう意味合いで言っているのか?
負担が軽くなれば楽になるのです。

だから楽になる施術ばかりしてたって良くはならないです。
その部分を固めるだけ、悪いまま安定させるだけになっているのです。

初回の施術ではそれでも十分な施術になっています、ようは患者さんが楽になればいいのですから。
ただ、やはりまた機能的な問題が起これば悪くなるわけです。

それで結局次に悪くなった時はもっと状況は悪化しているのです。
膝の可動性がなくてまた良くなって来なくて活動するからよく軟骨がすり減っているとか水が溜まってるなど、より複雑になっていくのです。

施術して貧血にならず施術を進めるために、

いろいろ試行錯誤をして、

ラインの中和後にディストーションはとれても、

内臓の機能回復が追いつかないので、

その機能を回復させるもしくは高めるためのことをする必要があるのです。

そうすると機能回復が早まるので貧血にはならないのです。

常に脳脊髄液の生産と循環をよりスムーズにできればより高めていけばより健康になり、免疫や抵抗力・耐性につながっていくわけです。

そのようなことを意識してやるというのがより高い施術です。
とりあえず刺激のよる施術は、そこにテンションがかかったりそこに緊張がよりかかってるから症状として現れるし、何か行った時にそのような症状になっていくのです。

それを可動性をつけたりバランスが変われば、多少変化が起きて楽にはなります。
脳脊髄液で言えば、詰まっているところが少し流れれば圧力の変化が起きるため少し楽になるのです。

デモンストレーションをしてもショーにはなるけども、施術にはならない。
あとはその施術を進めていき今の歪みを作っているディストーションを良くしていかないといけないのです。
だから急性のCMRTを最初にやったところであまり効果は浅いのです。

だから本来CMRTはカテゴリー1になってからという条件があります。
筋骨格の問題、左右差バランスがとれた状態でやると慢性の施術として効果があるわけです。

しかし、急性的なものは対症療法でやるのでそこまでは望めないのです。
単に反応を消していくだけなので。
これをもっと施術として進めていくのなら次に出ているインディケーターを消していき、よりきれいな体に骨格として戻していけばいいわけです。
それで今の触診なり筋力テストなりのインディケーターがよくなればいいのです。

同じサブラクセイションでもいろんな意味合いがあります。
SOTに置き換えれば仙腸関節メジャーという状態、特にカテゴリーのインディケーターが全て揃った状態が仙腸関節のサブラクセイションであり、インディケーターが揃ってないということはフィクセイションなのです、そのため他の背骨をやると仙腸関節は変わるわけです。
バランスが変わるわけです。ただ仙腸関節もその状態で固着していればやはり背骨を一時的に良くしてもそこで歪んでくるのです。だから仙腸関節も一緒に良くしていかないとダメなのです。
特に慢性は。その状態で捻じれて固まってるわけです。特にカテゴリー3というのはその典型のため、いろいろ考えてやっていくと何がそうさせているかというということが問題の解決にはなるのです。

豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE