愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

ブログ

検査力がついて技術が上がると施術自体が切れ味のするどいナイフになります。
ちょっと力の入れ方を間違えるとまずいことになってしまいます。
切れない包丁で一生懸命ガリガリやっても意味がない。
技術が上がれば上がるほど、繊細な施術になることは間違いありません。
何も知らなければ何だってできる。
悪くなっていることが分からないから。
練習して、技術を磨けば当然切れるようになりますし、それがわかるようになります。

体をみて次の予約につなげる、というのが前提。
いろんな基準でみれるから。
施術を受ける側は当然症状でしか決められないから痛ければ調子が悪いという判断。
痛くなければ調子が良いという判断。
来院してくる人は残り少ないエネルギーでやっと来院できている状態なのです。
少し上向きにしてあげないと来ている意味がなくなってしまう。
あとは休んでいれば良くなりますよという状態にしておかないといけない。
僕らは放っておいて良くならない状態を取り除いて、休んだり寝れば回復する力にしているだけなのです。
自分が良くした私が良くしたではない。
邪魔しているものを取り除く、その結果症状が良くなりましたとなるわけなのです。
それが良い方向に向かうということなのです。

良くなろうとするところを無視して全然関係ないところをやっても何も変わらない。
そういう施術をしないといけない。体の反応の出ているところに変な刺激を加えるとより具合が悪くなってしまう。
極端に言えば、全然関係のない骨盤とか四肢とかをやっても全然悪くはならない。
だから適当な施術をしても悪くはならないのです。
しかし体がここを良くしてくれと言っているのに間違った刺激を加えるとダメになる。
そのためインディケーターが出ている付近の施術は十分に気をつけなければならない。
そういう立ち方、触り方、力の入れ方、全てがそのレベルまでいかないと良い施術にはならないのです。
それが検査につながり施術につながるのです。雑な検査は雑な結果にしかならない。

来院して最初に出ている指標はその日最も負荷のかかったところ、その日最初のアプローチがうまくいって、後頭環椎関節が動き出すと脳脊髄液の生産と循環が少し良くなるわけです。
要は過緊張状態がとれるわけです。自律神経機能が少し回復して防御反応が中和されるということです。
だから最初のアプロ―チをきちっと適格にやらないとその日の施術がすべてマイナスに働く場合もあります。
そのため最初がとても肝心です。
ケガでも同じことが言えます。
捻挫して温めた方がいいか冷やした方がいいかとよく聞かれるけども、
ケガをしたばかりで熱もっている場合は当然冷やした方がいいです。
もし最初に温めてしまったら血流は増え、腫れも増大し良くなるまでに時間がよぶんにかかってしまいます。

頭蓋骨が原因でいわゆる健康な体が獲得できないというケースがある。
そのような時にはイギリスのホワット氏によると上行性、下行性の問題であると言う。
下行性の問題とは蓋骨が原因でなんらかの障害が現れるというタイプ
上行性の問題とはいわゆる腰痛、坐骨神経痛などの症状があって、つまり首以下での問題があることによって補正が働く中で頭蓋骨(上)まで動かなくなっているというタイプ。
頭蓋骨を検査して頭蓋骨を施術するときというのはこの問題をクリアにしないといけない。

頭蓋骨には15種23個の骨が存在している。
この頭蓋骨が全て正常に動いている状態を作り出せばより脳への血流量が増えるわけなのです。
脳脊髄液の生産量が増えるわけであり、生産量が増えないと良くしようとする力は強くならないのです。
どんなに頑張って健康を維持しようとして体に良いことをやったところで脳脊髄液の生産がうまく行われない原因が頭蓋骨縫合の硬さだったらそれを良くするしかないのです。
いわゆる健康レベルを上げないと良くなっていかないのです。

慢性の問題というのはずっとその状態を続けられていたわけなのです。
そのため多少具合が悪くても生きてこれたわけなのです。
急性の問題というものは一夜で変化してしまいます。
極端なことを言えば、急性の問題で命を落とす可能性もあるわけです。
だからまずは急性の問題を落ち着かせないと慢性の施術には入っていけないのです。
そういう意味で、まずは今起きている状態は今の体調を表しているのです。
昨日まで元気だった人が朝起きたら具合悪くてというケースは往々にしてある。
昨日と今日は状態が違うわけなのです。
同じ施術をやってもよくならないのです。

体にとって栄養は必要不可欠
足りないものは上手に補っていかなければいけない。
必要ないものはたくさんとっても意味がない。
体に良いから食べてくださいと言っても必要量ならいいのだが、量を越えていればたとえ良いものであっても消化負担となってしまいます。
そうすると体の中に毒素を作ってしまうのです。
適度という言葉があるがそういった言い方で言えば適度にとらないといけない。
腹八分とはよく言ったものです。
仕事も食事も腹八分にしておけば何かあった時に対応ができる、要は余力があるということです。
それぐらいがちょうど良いのです。
一つ一つの検査ができるようにならないと腹八分ではないけども、不足になってしまうのです。

体の反射を破壊することが回復への第一歩である。
ですから例えば内臓問題の最終的なものは特殊な軟部組織矯正によって克服しなければならない。
これは慢性の問題なのである。
体にとって必要な刺激を加えればそれで良い。
刺激が多すぎても負荷になるし、足りなければ中和にはならない。
検査をした上で施術を行い、その都度状態が変わったかどうかは確認していかなければならない。

施術が進んでいくと慢性的な問題が浮き彫りになってくる。
内臓機能を早く回復させるためにCMRTという手技があったり、筋肉の神経機能を早めるために温熱療法とかマッサージだとかいろいろなものがあるわけです。
そのためカイロプラクティックとしては神経機能がちゃんと働いていないにも関わらず、いろいろな手技をやってもそれは対症療法でしかない、という考え方です。その時は気持ち良いとかその時は血行がよくなるとかその時は改善している、しかし神経機能が回復してこなければまたそれらは繰り返してしまうわけなのです。
そのために何をもって正常な体に戻すかということ、そこがカイロプラクティックの強みなのです。
そういうことをSOT創始者であるディジョネット氏は古い文献で残しています。
だから必ず背骨をアジャストする、何らかの刺激する場合にはこれをみるわけです。
どこに問題があるかどこを優先して施術をしていくかという順番でやっていくわけです。
豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE