愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

ブログ

パターンで行う施術というのは、つまりこういう時の状態ではこういう歪みが起きるというディストーションを把握しておく必要があります。
そういう状態になっているというのがいくつかあるので、常にそういうことを確認しながら一つのインディケーターに頼らずいくつかの複数のインディケーターの変化としてみていくことが大切になるのです。

あとは、常に何が原因でこうなっているかということを考えていけば、インディケーターを通して体の変化や原因とその人の悪くなった原因と負担がその人の歴史として1つずつ現れてくるのです。
あとはなんとなく経験をもとにいろいろな経験と知識でアドバイスをさせていただければより良い状態になってくると思います。

ただまず目の前のことをきちっと処理できないと先はないです。
治療していく上で、いろいろな方に対してのやり方とか施術のパターンがあるので、常にそういうことを考えながらイメージしてやっていく必要があるのです。

筋肉の緊張度合と神経の異常が起きている状態というのは少し意味合いが違うのです。
可動性減少をつくっている筋肉の緊張と、それが神経異常を起こして補正作用が働いている状態、つまり神経異常によって起きている緊張というものがあると思うのです。

そのような問題を取ってもまだ硬さがみられるようなものだと関節や靭帯、結合組織などの変性や固着という問題が考えられるわけです。
つまり今その状態が何の問題で固くなっているのか固めてしまっているのかということを考えなければいけないのです。

ただ単純に硬いから動きをつければ良いと思ってばきっとやって一時的に動きがついたとしても結局は維持ができないのです。
それがいつも言っているいつどこをどのようにアジャストをするかということにつながるのです。
今のその人がどういう状態なのか。
急性的な問題が改善された状態なのか?
または慢性的な問題を改善させようとしている段階なのか?

そういった目線が必要であり、そのためには体の理解を深めて自分自身が健康になっていかなければいけないのです。

胃がぎゅるぎゅる動く音を感じることがあります。
その時に内臓が動き出した証拠になるのです。
ようは腹腔神経叢が緊張することで内臓全般が固くなっている状態なのです。

まずはそこを見極める力が必要になるのです。
そしてそこを緩めないことには体は回復していかないのです。
そのため施術する前という状態ではどこを触っても硬いのです。
そういう体になってしまっていることが多い人もいます。

つまり自律神経が弱いのです。
だからどこが悪いのかすらわかりづらい状態なのです。
言い換えれば、多臓器不全ということも言えるのです。

ディジョネット氏も昔の文献にて、末期癌の人は症状を楽にするために来院し、ある程度の症状はコントロールできるというふうに記載されています。
ただ最終的には医師の診断だと癌が原因で亡くなったということになります、でも放射線や薬をしても結局症状を抑えるだけ、進行を抑えることが目的なのです。
ディジョネットは1930年か1940年頃にそのようなことをすでにやっているのです。

その時代はカテゴリー分類もきちっとわけてなかったから何をやっていたかというと対症療法に加えて背骨のアジャストをしていたに過ぎないのです。

その頃にやっていたのが後頭骨ラインと僧帽筋反射のことを中心にやっているのです。

重要なのは重力のかかる股関節や膝関節に問題が起きるのです。
近年、特に高齢化になってくるとその問題が増えてくるわけです。

股関節や膝関節の耐用年数があるのですが、それを上手に使えている人は関節部分も長持ちするだろうけども、上手に使えてない人は早く劣化してしまうのです。
あとはその生活習慣や怪我などが絡んでくるのです。
それで骨盤の前後の問題がありますし加えて横の問題があります。

これもほとんどL3というのが水平面で一番前弯の頂点になります。
だからL3が水平になっていないといけないというのが、ピアーズの言っている半径24cmカーブに乗っているのが理想なわけです。

最初のラインが出ている時のディストーションというのは最初のラインが作り出しているディストーションでもあります。そのためそれがどのテクニックに対して、そのテクニックの理論に合うようなディストーションになっていればそのテクニックでうまく対応できます。

それが当てはまらないものだとやはりそのテクニックの良さは引き出せないのですね。結果にはつながらないのです。
そのへんが難しいところです。
極端に言えば、それしか知らなければそれに無理やり当てはめて施術しようとするしかないのです。
どっちにしても無理があります、広い意味で臨機応変に体の状態を見れるようにしていかないとなかなか確率は上がらないです。
それをしつこいぐらい細かくみて繰り返しやってより精度の高いものとより変化があるものをうまくチョイスして臨床に使っていくのです。

骨のズレを良くするとか、ズレたものを正常に戻すというような意識が強いと、なんとなく骨がボキッとなるまでとかあるレベルの可動性がつくまでというように無理にもっていこうとしてその場だけでも可動域をつかせるようにと考えるやり方もあります。
まして今そのタイミングで良くするべきではない時にそこをやると逆におかしくなります。
やっとのことでその体で補正で固めて安定しているものを補正できなくなればつぶれてしまうのです。

だから補正を改善して原因をみつけて原因を良くするならまだいいのですが、原因を改善しないで補正ばかり良くしようと考えるから体はおかしくなってしまうのです。

血管運動系を整えてCSFの流れを正常にすれば痛みはコントロールできるということをディジョネットはいろいろな部分に残してます。
施術というのはそれで十分だと思うのです。
だからそういうことができるようになれば理想だと思うのです。
人はいろいろな病気とか症状を抱えて来院することが多いです。

カイロプラクティックでやれることというのは健康にすることしかないのです。
癌があっても、変形があっても健康のレベルさえ上がれば進行は少し遅くなるし良い状態が維持できるし上手くいけばそうやって変化していく可能性はあるわけです。

ただそういう状況を作ってあげないと可能性はないわけです。

他のテクニックで言われている問題に近づけばより構造的に正しい状態でいられるわけです。
股関節というのはいわゆる軸が若干前にあるのです。
仙腸関節は軸はだいたいこのS2のところだと言われています。

実際には関節軸というのは股関節より軸が後ろに存在するわけです。
ここに腸骨が加わり下からの突き上げと上からの重みがかかると接点がなくなるのです。
いわゆる下からは上、こういう力が加わり、

単純に言うと機械的に言うと後方回転になりやすいのです。
だから筋力が衰えたり弱ってくると疲れてくるのです。
そうするとピアーズでも言われているダブルPIになるわけです。

豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE