愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

ブログ

うつ伏せと仰向けで脚の長さが変わる人がいる
こういうケースは意外に多いが、
この場合、体にはどのような反応が出ているのか?
それをどう判断するのか?

うつ伏せと仰向け→姿勢の変化で脚の長さが変わるというのは
骨盤に対して補正作用が違う方向に働いているということである。

このタイミングで骨盤に対して施術をすることはありません。
施術をする場所はどんな姿勢になろうとも変わらない場所である。

逆に言うと、うつ伏せでも仰向けでも脚の長さが変わらない状態の時は、
まさに骨盤に対して施術する時であると言える。

当院ではブロックと呼ばれる施術器具を使うことがある。
目的は骨盤を安定させるためのものです。
基準を作ってそれに当てはまった時がその時です。

それともう1つ重要なことがあります。
タイミングがあったからと言って、施術をどんどん進めていっていいものかどうか?
ということである。

その方の良くしようとする力がなければそれ以上やっても逆効果となってしまう。
簡単に言うとマラソンをした直後に焼き肉を食べるようなもの。
体にとって良い刺激か過剰刺激かはいろいろな場所で反応として出ます。

それを意識しないで施術をしているとフラフラになる。
例えばマッサージなどで体を1時間、2時間とほぐされた人が立ち上がる時をみてほしい。
寝た状態から座る時、座った状態から立ち上がる時、
一瞬ふらっときてないですか?

私はマッサージのようなことをしていた経験があるが、
体をよくしようと一生懸命になっほぐしていたことがあるが、
終わって立ち上がろうとするときにバランスを失っている人がとても多いと感じました。

良くしているはずなのになぜ?とその時はわかりませんでしたが、体が受け入れてくれる刺激か過剰刺激か
ということを全く感じずに行っていたということを知りぞっとしました。

まずアメリカにおいて医者とカイロは地位は同等であると言うことが日本においては一般的にあまり知られていないのが現実だと思われる。
そのためアメリカではカイロプラクターはドクターと呼ばれる。

その中で医師は病気が始まってからアプローチが始まる。
つまり病名がついたときが医師の出番である
カイロプラクティックは病気があってもなくてもそこに原因としてはサブラクセイションが発生しているかということが重要である。

結局サブラクセイションが発生することによって神経的に障害が内臓や筋肉に発生します。
それによって起きる筋緊張や内臓平滑筋の緊張があります。
いろんなところに括約筋があって緊張が起こると消化機能とか腸の動きが悪いとか分泌が悪いとかいろんな異常が起きてくる。

単純に考えても、「器が歪むと中身も歪む」
四角いスイカと同じ原理である。
果たして歪んだ器の中身は正常に機能するだろうか?

体に異常(痛みやしびれ)が起きてからというものはすでに遅い場合も当然考えられる。
そのためカイロプラクティックは予防という見方もできる。
見ているものが違うのである。

SOTテクニックは脳脊髄液を重要視している。
脳脊髄液の流れを促すものに脳細胞や硬膜、骨である。

その骨を動かすのは筋肉、筋肉を動かすのは神経であり、神経を動かしているのは脳です。
最終的には脳の血液供給が十分に供給されるようにならないと回復する力すら出てこない。

どんなに良い施術をしても生命力がなければ回復しない。
薬を使っても、その人に生きる力や回復する力がなければ回復しない。

そういったことを対象にしているのが当院の施術である。
根本原因を取り除いて、より良い状態・安定した状態を保たせるのが施術ですから、それが骨がズレていたことによるものだったら骨を良くします。
内臓なら内臓をやる。腕や脚の関節に問題があれば腕や脚をやる。頭の先から手先まで見る必要がある。

全身繋がっているから極端に言うと手首を圧迫して血行障害を起こしていれば全身に影響を及ぼす。
そのためそのような根本原因を探さなければならない。

筋肉には収縮する側と抵抗する側がある。
抵抗因子は歪みを引き起こす。
収縮因子に対する身体の補正作用であると言える。

抵抗+収縮=歪み(病気そして死??)
施術の目的はこの興奮(収縮)と抑制(抵抗)のバランスをとることである。

体の歪みはそういう状態でできている。
収縮が優位を示す時には歪みを生じる。
抵抗が優位を示す時には痛みと動きを欠く。
簡単に言うと痛いから歪んで固めてしまうということ。

体が悪いなりにバランスがとれている状態の時には症状は出ない。これに重力の負荷や重いものを持つなどこの抵抗側の筋肉に過剰な刺激が加わると痛みを生じる。
痛みを感じる場合は抵抗側であると言える。

マッサージを売りにしているお店では一般的には痛いところをほぐそうとする。
しかし必ずしも収縮側に痛みが出るばかりではないのである。
この収縮が何によって起こっているのか?
これが根本原因を探ることになります。

抵抗がある所を揉んでもよくならない
いわゆる揉み返しになるだけであり、痛い所に刺激を加えて痛みを散らすことをやっているにすぎない。

炎症(急性期)であれば刺激をするとより悪くなってしまう。
血行障害であれば軽い刺激なら軽くなることもある。
痛いぐらいやるとかえって筋収縮を起こし、よりテンションが強くなり悪化します。
そうするとその時はいいけども、あとが辛くなる。

だから、当院の施術は何によって起こっているのかを徹底的に探る。
原因があっての結果なのである。

人の体を触る時はまず施術する側の状態をどれだけよくするかが重要である。

例えば、頭を検査するときの姿勢があります。
頭を触るときにベッドの端に足をのせてみる人も中にはいます。

人の体の動きを見るときは繊細にならなければならない。
きちっと自分の状態が安定していないと、例えば背骨を触っても感覚は鈍いのは当然です。

スポーツの世界だと軸がぶれないなどいろいろな言い方をします。
「体の幹」と書いて「体幹」
背骨を支えるインナーマッスルに腸腰筋という筋肉がある。
これは骨盤、背骨を支えるためには欠かせない筋肉。
施術者自身が腸腰筋を原因とし良い姿勢がとれない方が多い。

まずは自分の姿勢をよくしないと正しく触ることはできない。
ひいては施術もできない。これは立ってても座ってても同じである。

いかに意識して触れるかが検査-施術において鍵となるところである。

当院の行うSOTテクニックで重要としているものは脳脊髄液の流れを正常に回復させることである。
そして、他のテクニックにはない独自性のものである。

このテクニックは、神経機能だけでなく、脳脊髄液の生産と循環をより促すというものである。
症状だけを見て症状だけに焦点をあてればその方が楽になりさえすればいい。
しかし、進行した体の異常、根本原因をそのままにしておくと結局は悪いところがどんどん悪くなる。
つまりこれが対症療法であると言える。

結局、根本原因を放っておくとそれが原因で体の神経機能とか筋肉組織とか内臓の機能的な問題が低下していくのである。
それがどこまで施術によって回復するのか?
悪くなってまだ日が浅ければ施術も対症療法で十分かもしれない。

しかし、それが何年も悪い状態が続いているとなると変性や固着が起きてしまうのである。
この変性や固着が厄介である。
筋肉では拘縮や萎縮となり、内臓だと機能低下や機能障害が起きてくる。
神経機能も当然衰退していくのである。

だからなるべく早く根本原因をみつけて、早く施術をするというのが必須である。

根本原因が発生して半年放置すると当然周囲から変性が始まる。
だいたい2年後ぐらいに退行変性に陥ってしまうのである。

結局その根本原因が、いつ起きてどれだけ経っているかによって結果的にどれだけ進行しているかわかるわけである。
根本原因というものを施術しても悪くなった期間というものは取り戻せないのです。

その変性がもとに戻ればいい。
機能低下から機能障害が続くと物質の変化と変性が起きるわけである。
今の状態がどこまで回復するのか?!

段階別で考えていくと、7歳から15歳ぐらいまでは1段階目として一般的な施術に子どもがあてはまる。
そして15歳以上になるとほとんどの人が2段階目となる。
そして20歳過ぎ25歳ぐらいにはだいたいほとんどの人が成長がとまって老化に進むわけである。
それに伴い状態も悪化、進行していくわけです。

ほとんどの人が20歳をすぎれば3段階目となると言っても過言ではない。
実際に来院された方をみるとほとんどがその状態になっている。
これが個人差であり、同じ症状なのに同じ施術をしても同じ結果にならない理由です。
さらに1人取り上げてもその日によって体調が異なるため、
「この前これをやってよくなったけど、今回はこれをやってもよくならない。」
ということが起きてしまうわけである。

その人の今の状態が違うから当然の結果である。
今の状態を検査して施術をする。
万人共通に効く技というものはないのである。
適格なタイミングで適格な場所に適格な刺激を加えることが重要である。

「脚の力が入って手が揃ったので大腰筋は問題ないです。」

大腰筋とはお腹の奥底にある筋肉
大腰筋もそうだが、この筋力検査は検査をするタイミングがある。

巷に出回っている大腰筋検査はほとんどの人が間違えている。

寝た状態で腕を上げて腕の長さを調べる検査がある。
しかし、大腰筋にテンションが届いていないのにただ腕が伸びないからそちら側の大腰筋に問題があるとし、そこに対して施術を行ってしまう。

そして厄介なことに、確かに短い腕側を施術すると手の長さはそろう。
ここで大事なのはなぜそろっているかということ
それはよくなってではなくて、刺激によって、ウッと硬くなって揃っているだけである。

簡単に言えばボディブローをくらわすだけであり
咳き込んだり立ち上がったりしたらまたもとにもどってしまう。

この腕の長さがなぜ起きているのかというのを考えなければいけない。
その原因が大腰筋なら大腰筋を施術するが、大腰筋じゃないのに大腰筋を施術してもいけない。

その際は腕を引っ張ってみてみる。
大腰筋ではなくその手前の肩や肘が硬くて腕の長さの左右差が出ている可能性を考慮して施術をしなければいけない。

 

当院ではこの腕伸び具合い、長さ、硬さ、重さで判断して施術を進めていきます。

 

「レントゲンは立って撮る」

通常、病院や整形外科ではレントゲンは立って撮ります。
しかしこれは当然重力の負荷がかかっている状態です。

考えないといけないのは重力の負荷に対して補正が働きます。
施術するときは大抵寝て行ってやります。

そこに疑問をもつ!!

果たしてそれでいいのか?

実際に立って、座って、うつ伏せで検査をしてみると検査結果が結構変わる人がいます。

ではどういう基準で当てはめて施術をしたらいいの???ということになる。
そこまで考えないのが一般的である。
しかし、姿勢によって変化する検査結果では根本原因であるという信頼性は低いと言える。
根本原因はどんな姿勢でも同じ結果となる。

実際レントゲンで映ったものと検査で見たときにそれが一致しているかどうかである。

「骨盤を先に改善しなさい」という検査結果が出たとすると、
この仙骨の傾きを正常な状態に戻すということから行います。
これがまだ同じような検査結果で同じような状態になっていればいい。

いつ、どこを、どのように施術をするかというのが非常に大切であります。

「座ってください。」大抵の人は坐骨と呼ばれる骨を接地面につけて座っている。
いわゆる骨盤を寝かせた状態である。

この状態は骨盤の正常な前弯カーブが失われており、いわゆる猫背の状態と言える。
このような状態を続けることで猫背にとなってしまう。
お腹がお腹が弱い人やインナーマッスルが使えてない人はさらにそれが悪くなるとお腹を前に突き出した姿勢をとる。

その結果だんだんと膝が曲がり、重心の位置がとれないから余計に背骨が丸くなって正常な背骨のS字カーブがなくなりストレートネックとなる。

ここで重要なのがどう戻すかということ。

この状態を一生懸命戻そうとすると「前方胸椎」と呼ばれる状態、いわゆる骨盤の位置はそのままなのに背中を前に突き出すことで一見姿勢を良くしているように見える。
しかしこの姿勢は骨盤から改善しておらず、単純に背中を前に突き出した状態、正常なら背中は後弯していなければいけないのに背中を平らにしているだけである

要はより姿勢を悪くしているだけである。

それを施術によって正しい姿勢に戻す、そうすると骨盤に前弯が出てきて、背骨全体のS字カーブが戻ってきます。

その原因となるのが仙腸関節と呼ばれる骨盤にある関節である。
ここが何かしらの原因によって離開してしまうとそれを補おうと筋肉で固めてしまう。
そしてその筋肉は変性を起こして左右差がうまれる。
左右差が起きているため、また筋肉に緊張が起きて固めていくわけである。

その状態を放置すると今度は背骨と背骨の間にある椎間板に負荷がかかって栄養障害・循環障害が起きる、そして関節の退行性変性(膝などで良く言われる軟骨がすり減った状態)が起きる。

そして、施術を受けていただいている方にに今の状態を維持してくださいと言っても無理な話である。
腰が曲がった年配の方にこれがまっすぐですよと言って、バキバキとやってもそう簡単には元に戻らない。

そのため施術によってその人なりのバランスを整えながらその人なりの良い状態を保ち、より良い状態にしそれ以上悪くならないように意識してもらうことが大切である。

腰痛、ヘルニアをつくっていってしまう要因はこの退行性変性である。
そのため生理的湾曲や左右のバランス、関節の柔軟性がある状態を保たなければいけない。

【好転反応の症状について】

眠くなる、微熱、下痢などなど
例)

―――肺の機能が高まることで―――

二酸化炭素を排出する

 

―――腎臓の機能が高まることで―――
尿素をこしとる

 

―――肝臓の機能が高まることで―――
解毒(薬、アルコール)作用が促される

 

―――脾臓の機能が高まることで―――
古い赤血球を破壊する
各臓器によって当然働きが違います。

 

そのため、これらに付随する好転反応による症状もさまざまです。
一見、状態が悪化するように見える反応でも、健康になろうとする力が高まり、健康になるために必要不可欠な道であります。

 

次回は、「強いマッサージVS好転反応」について

豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE