愛知県豊川市にある豊川たいよう腰痛整体院は、腰・股骨盤・首肩などの急性・慢性の痛みを改善し、心身ともに元気にする整体院です。

豊川たいよう腰痛整体院は豊川豊橋の腰痛改善で評判の整体

 
営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

病院へ行くとよく聞く病名の1つに「脊柱管狭窄症」というものがあります。
まず脊柱管とは、何か?
人の背骨は24個の背骨(頸椎7、胸椎12、腰椎5)とそれに続いて仙骨、尾骨から成り立っています。
これらをまとめて脊椎と言います。

脊椎には神経を守るという大事な役割があります。
その神経とは脳から続いて脊髄となり脊椎の中を走行します。
その脊髄が通っている脊椎間のトンネルを脊柱管と言います。

その脊柱管が何らかの影響で狭くなり(狭窄症)神経を圧迫すると痛みやしびれが起こります。
一般的には脊柱管狭窄症の症状が現れるのは腰が圧倒的に多く、首はまれであると言われています。

このような腰のトラブルは一見するとある日突然悪くなったかのように思われますが、長年の腰のストレスによりだんだん悪化した結果、ある日症状が発現してしまうということです。

その脊柱管狭窄症で起こる症状として、

・腰を反らすと痛い、または反らせない
・つまずいてしまう
・前かがみにすると楽になる
・長時間立ってられない
・お尻から脚が痛い
・太ももからふくらはぎにかけてしびれが走る

またそれに加えて、「間欠性跛行」と呼ばれる特徴的な症状があります。この症状は歩き始めは比較的よいが、続けて歩くと脚にしびれや痛みが出たり重くなったりします。
歩くのが億劫になり腰をかがめて前傾姿勢になったり座ると一時的に症状が和らぎます。
これに似た状態に「閉塞性動脈硬化症」というものがあります。
この場合、前かがみになってもならなくても状態に変化はなく、歩いてて辛くなったら立ち止まるだけでも状態が楽になります。
その他、注意してみるべきは泌尿器疾患の有無です。
泌尿器系にかかわる神経にダメージを受けているかも合わせて確認する必要があります。
ようは、頻尿になってないか、尿漏れや排尿障害はないかどうかです。

脊柱管狭窄症になる原因として、一般的に言われているが、
・猫背など不良姿勢
・前かがみで行う力仕事の反復
・長時間の事務仕事や座り仕事
・慢性的な運動不足
・タバコ
・睡眠不足、ストレス
・腰の慢性的な病気

などです。
3つのタイプにわけられる脊柱管狭窄症・・・症状別分類

神経根型・・・名前の通り神経根が圧迫されることで起こるタイプ
神経は脳から脊髄へ、脊髄から末梢神経へと伸びていくが、その脊髄から末梢神経へ枝分かれするところを神経根といいそこでの圧迫により起こるタイプ

馬尾型・・・馬尾とは脊髄の下方で末梢神経として走行しているが脊柱管内に位置しているためあたかもまとまっているよに見える。馬のしっぽのように見えるためこの名がついたが、ここでの圧迫は左右両側に起こると言われている。

混合型・・・上記2つの混合タイプで症状もより重篤化したタイプであり一般的には手術を受ける方も多い。

これらを踏まえた上で今どんな症状があるのか?どんなことをすると痛いか?
詳細に現状を把握してしっかり向き合うことが大事であります。

豊川たいよう整体院

電話受付時間7時〜21時まで 完全予約制・駐車場2台有り 080-3636-1292

営業時間
8:00~22:00(土日祝も営業)
定休日
木曜

※施術中は申し訳ありませんが、電話に出られない場合があります。
その場合は折り返し電話およびメールにてご連絡させていただきます。

※予約まではしないものの、事前にご相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。

LINE